月別アーカイブ: 2016年5月

ムダ毛処理の後のケアも大切ですよ

10代の頃からムダ毛がボウボウだったわたしは、何も考えずにカミソリで処理をしてきました。よくやっていたのは、お風呂に入ったときに、ボディソープや 石鹸で肌を滑らせてカミソリで剃るというものです。ムダ毛処理といえば、当時はそれくらいしか知りませんでしたし、一番安上がりな方法でした。
そんな処理をずっと続けてきたある時、ふと、ムダ毛が濃くなっているのに気がついたんです。ムダ毛の一本一本が太く、剛毛になっていたんです。ムダ毛処理 をし過ぎるとムダ毛が濃くなると聞いてはいましたが、こんなに顕著だとは思いませんでした。前は、3日に一度の処理だったものが、近頃は毎日のことになっ ているのもショックでした。下手をすると、朝晩処理しなければならないこともあります。
なぜだろうと、脛をマジマジと見てみたら、脛の肌が荒れ放題だったんです。キメはほとんどなくなっていて、毛穴一つ一つが大きくなっていたんです。だから、ムダ毛一本がとても太くなっていたんです。
衝撃と共に、それがムダ毛処理をした後にちゃんとケアをしなかったせいだと分かりました。脛はあまり皮脂を分泌しません。保護物質がない所を石鹸やカミソリで刺激しまくっていたせいで、脛はぼろぼろでした。
その日から、ムダ毛処理のあとは、きちんとボディクリームでケアしています。ムダ毛処理にはアフターケアも大切です。

私のムダ毛の自己処理法

私のムダ毛の自己処理法は、カミソリと脱毛器を主に利用して行っています。
冬場などの露出度の低い時期には、手軽で簡単に処理をすることが出来るカミソリを利用して処理しています。
そして、手足のムダ毛は処理せずに脇の下をカミソリで剃るだけということがほとんどです。
夏場などの露出度の高くなる時期には、脱毛器を利用して自己処理しています。
脱毛器を利用する以前は、毛抜きとカミソリで処理していたのですが、脇の下の肌が荒れたり毛穴がデコボコになり鳥肌のような状態になったりなどトラブルが 多かったのです。そのことを友人に話したところ、脱毛器が良いという評判を聞いて私も脱毛器を利用して処理してみようとチャレンジしてみました。
痛みが不安だったのですが、予想以上に痛みが少なくて手早く脱毛が出来るので驚きました。
しかも、お肌も荒れたりせず、また毛穴のデコボコも解消されてツルツルになりました。
夏場のムダ毛処理には脱毛器が手放せなくなりました。
脇の下のくぼみの部分などが上手く脱毛できないことがありますので、その部分は毛抜きで抜いています。
手足も同様に脱毛器を利用して処理しています。
脱毛し忘れた日にはカミソリと併用して処理をしています。